第56話「うらみのバードミサイル」
2015-04-24 Fri 20:07


かつての幼なじみである矢羽コウジはギャラクターのブラックバード隊の隊長だった。ジュンは否定し、彼を監視することを拒みます。健やジョーはそんな彼女を説得しようとするのですが・・・。

ジュンほどの美人さんなら、男の幼なじみの1人や二人いてもおかしくないですが、そんな彼女の気持ちを知って知らぬか、健も淡々として、少しはヤキモチでも妬いてみたらいいのにーと思ったけど、やっぱり健ちゃんじゃ無理か(爆)リーダーとしての責任感に溢れているんだろうね。

そして彼の出場するモーターレースにみんなで様子を観に行く事に。なにしろコウジは臨席する大統領を暗殺する事を指示されているのですから大変です。
危ないところで阻止しますが、逃げられてしまいます。



いまや幼なじみではなく、ギャラクターの一員としてゴッドフェニックスに対抗するコウジ。ジュンは、彼が操る鉄獣を彼ごとバードミサイルで倒す事を志願。絡み付いた鉄獣をもはや秘密基地となった首相官邸に落とし、そこへ撃ち込む事になります。
しくじるなよ、とか今だ(撃て)!とジョーの言葉が彼女を揺さぶります。非情とも言える彼の言葉ですが、もう考えている余裕はありません。

コウジの遺したヘルメットを愛おしそうに撫でるジュン。それを見守る4人の後ろ姿がそれぞれ切ない。
ギャラクターによって一般の人たちが犠牲になるのはホントにやるせないです。

このコウジが生き延びて改心したなら、ジュンは健のことは放っておいて彼のところに行っちゃうのだろうか?

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ガッチャマン劇場21~猫?犬?~ | El Condor Pasa | 第55話「決死のミニ潜水艦」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |