「その役はおめえには似合わねえよ」
2015-04-21 Tue 18:21


54話「怒りに燃えたガッチャマン」からのセリフです。

父親であるレッドインパルスの隊長を失った悲しみと憎しみを増した健は、ISOの秘密会議に侵入していたギャラクターのスパイを捕らえると、光を浴びせたりと拷問に掛けて尋問。
そんな彼の様子を見兼ねたジョーが彼に言います。


   Non sembra buono con la posizione.
   (ノン ゼンブラ ブオノ コン ラ ポジジオーネ。)

 sembra は、”見る”、前に打ち消しの non があるので、”~に見えない”

 buono は、”良い”、posizione は、”立場””役”となり、

 直訳すると、「その立場は、(君に)良く見えない」つまり、「その役は(君には)似合わない」です。

 英語です。

   Its role doesn't look good on you.

 これも、「その役は、君によく見えない」、「似合わない」となります。


今回の訳は、色々試してみました。上記は、「エキサイト翻訳」です。
そして、ヤフー!の翻訳サイトも掛けてみたところ、何とイタリア語はまったくの一緒でした。
英語はこうなりました。


   You do not look good with the position.

 こちらは、「その立場は君にはよく見えない(似合わない)」となります。
 これはイタリア語と同じ単語を使っています。

ギャラクターを両親の敵として憎いとずうっと思って来たジョー。
でもそんな彼でも目の前で、周りが見えずただ怒りに任せて暴走する健を見て、まるで自分を見ているようで嫌になると言っています。
ギャラクターに対する憎しみは分かっているだけに見てて辛かったのでしょう。
そんな荒れた健は健じゃない、そのイヤな姿は自分だけで十分だ、とジョーは思っていたのかもしれません。

きっと一方で健にはリーダーらしく冷静に俺たちを指揮してくれ、という意味も込められているのかもですね。
ジョーのサブリーダーとしての自覚が目覚めた一件です。



それでは本日はここまで。
次はどんなセリフでしょうか。

また次回!

Ciao !

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「昼or夜/一発/空」 | El Condor Pasa | 『共犯者の笑み』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |