「仲間がどうなっても構わねえって言うのか?」
2015-03-03 Tue 18:17
はい、イタリア語を始めますよ。
Kちゃん、私語をやめましょう。Jちゃん、ちゃんと前を向きましょうね。
他のみなさんもちゃんとお座りするんですよ。(←ジョーダンですからね!)

・・・そんなわけで・・(爆)



今回は39話「人喰い花ジゴキラー(前編)」からです。

水辺に集まったおびただしい数のジゴキラー。飲料水に流れるという事で農薬を使う意見は却下されましたが、博士はジゴキラーに火を放ち、焼き払うという決断を下します。でもこの花のどれかにジュンがー。

どうしても踏み切れないメンバーをよそに、健が自らそれを志願。そんな彼を殴り、思わずジョーが叫んだ言葉がこれです。

  
    E 'dire che non importa se e successo compagno?
   (イー ディッレ ケ ノン インポルタ セ エ スチェッソ
    コンパーニョ?)(se の後の e は、上にチョンが付きます。)


 importa は、”問題”、直前に、打ち消しの non があるので、”問題ない”となるのですね。

 compagno は、”仲間”で、発音は"g"は読まず、最後は~ニョとなります。

 そして successo ですが、名詞だと、「成功、好結果」となりますが、
 自動系で、succedere ”起こる、生じる”の過去分詞 successo で、
 ”起きた”という意味に変化します。

 ので、「仲間に(何か)起きても、問題ないのか」となるようです。


 (英)Is it say that does not matter if happened fellow?

 does not matter で、”問題ない”、if happened で、もし(何か)起きたら
 fellow は、”仲間” です。


結局健をとがめていたジョーたちですが、ゴッドフェニックスでやってきて、健が撒いたガソリンの上に、バードミサイルを撃ち落として燃やしてしまいます。

多くの市民を助けるとはいえ、仲間を犠牲にしたと思った彼らはこの後かなり落ち込むのですが・・でも同じ女として、こうして男がみな心配しているというはかなり羨ましいかも。


それでは本日のお勉強はここまでです。また次回お会いしましょう。


 A  presto !

  

コメント

>Kちゃん、私語をやめましょう
しまった!(←マンマミーア!)
なんでわかったんだろう?
もしかして先生にもテレパシーが通じる?(笑)   

[ キョーコ ] 2015/3/3(火) 午後 11:02全

こんにちは、kちゃん(なんて)

>なんでわかったんだろう?

先生は何でも視てるのさー ←迷惑

>テレパシー

ピピピ…

[ kisara ] 2015/3/4(水) 午後 0:45


>Jちゃん、ちゃんと前を向きましょうね
「だってよぉ、後ろのKンがちょっかい出してくるだぜ。相手してやらねえと煩いからよぉ」(え?違う?)

イタリア語ってほぼローマ字読みなので読める事は読めるけど、意味はさっぱりですね。

しかし緊張感のある台詞で「 ─ コンパーニョ?」とか言われると、「〝ニョ〝なによ」と言い返したくなる空気が読めないJちゃんもここに (^_^;)

[ 朝倉 淳 ] 2015/3/5(木) 午後 3:07


Jちゃん、こんばんは、ちょっとお勉強できたかな?

>Kン

こらこら、Kンちゃん。そんな事ばっかりしてると、紅のパパさんに連絡しますよ←オニ

>~ニョ?

発音を聴くと、これまた気の抜けた声で、椅子からずり落ちそうになりますよ(爆)

[ kisara ] 2015/3/5(木) 午後 8:07


スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「鳥orバード/島/空」 | El Condor Pasa | 『男のロマン』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |