伊検合格への道ー初めにー
2015-11-22 Sun 20:38
昔、実は検定オタク、検定大好き、という時期がありました。
とにかく色々な検定を受けたものです。
「簿記検定」「そろばん検定」「秘書検定」「漢字検定」「英語検定」「TOEIC」
・・

簿記とそろばんは上位は受けませんでしたが、秘書検や漢検、英検は2級まで行きました。
TOEICの最高スコアはいくつだったかなあ・・・。←忘れた

で、受ける事はしなかったものの、ちょっと前まで「料理検定」なるものに興味を持ち、本まで買いました。でもそれで終わっちゃったかな。でも検定本はけっこうためになります。料理の基本が書いているので。

その中で一番役に立っているな、と思ったのは「秘書検定」です。
これはどんな検定か、というと、言葉遣いや作法についての筆記、そして面接の試験でして、これは社会人になっても必要な事ばかりです。
実は短大が「秘書科・英語専攻」に在籍してたので、秘書検定(英検も)は必須でした。
学校で申込をし、受けさせられたのです。とりあえず3級だけは持ちましょう、というのがあって、ほとんどの学生は合格しました。

で、学校での内容は、普通の勉強の他に、パソコンなどの情報処理、英語や第二外国語(独・仏)、そして秘書学。
秘書学には、電話応対・来客対応・言葉遣い・文書作り、そしてお辞儀の仕方とかもありました。そうそう、秘書なので、手紙の書き方とかも勉強します。
もう一つ、秘書科には、「秘書専攻」というのがあって、これは秘書学がほとんどなんだろうなと思います。
でも残念な事にこの学科は今はなく、家庭科専門の短大になってしまいました。
今こそ、特に英語専攻なんて重要だと思うのですが・・。

さて、そんな私が最近チャレンジしてみたいと思った検定があります。
それは、「伊検」ーつまり、「イタリア語検定試験」です。
この試験がある事自体知らなかったのですが、歴史はわりとあって、1995年から続いているそうです。

1~5級まであって、3級以上になると、作文もあるとか。1級と2級は面接試験もあるそうで、ひゃー、です。(多分そこまで行かない・・)

とりあえず対策用に本でも読もうかと思っておりますが・・。
さあ、どうなることやら。

なぜこう公言したのかと申しますと、私はすぐに怠けるので、皆様に「試験はどうした?」とか尻を叩いて欲しいのです。(あ、もちろんお手を柔らかに・・)

スポンサーサイト
別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『砂糖菓子のように甘く』 | El Condor Pasa | 『死者の日-Festa dei morti』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |