第23話「大暴れメカ・ボール」
2014-12-26 Fri 16:38


巨大なボーリング型メカが出現。ごろごろ転がって人々を恐怖に陥れます。
出動させるのを渋る博士。これ以上多くの被害を出したくないメンバーは博士に懇願しますが・・・。

健以外のみんなは熱くなってます。さすがリーダー、冷静沈着・・と思うところですが、もうジョーたちはそんな彼を無視してさっさと出動させてしまいます。
いくらサブリーダーがやると言ってもリーダーがダメと言えばダメ。彼らは失意のまま帰還してきてしまいます。



いつもと違っていまいち歯切れの悪い博士にジョーが憤って言います。
「博士らしくないですよ!」

個人的にも早くギャラクターを叩きたいジョーは特に苛立っているんでしょうね。
諸君の中で一番熱くなってます。(ジュンも珍しく感情的になってました)

博士はヤル気がないのではなく、メカ・ボールというとてつもない破壊力のある鉄獣の倒し方が解らず、忍者隊のみんなをみすみす見殺しにさせたくないという思いがあったのです。

時々こんな博士の親心というべき思いに触れる話があります。
司令官として上司として、そして一方では彼らの親代わりである博士はその狭間で辛い立場ですよね。

結局リーダーの発想が功をなしてメカ・ボールは倒されました。
にしても鉄の塊が縦横無尽に転がってたら怖いよなあ。
スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#21〜30) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HP企画「お題でイラスト」第八弾をアップしました。 | El Condor Pasa | 『聖なる夜に』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |