第104話「魔のブラックホール大作戦」
2015-11-13 Fri 19:56


ギャラクターに捕まってすっかり衰弱してしまったジョー。
医師のような白衣を着た隊員に怪しげな液体を注射されてしまいます。
覚醒すると元気が出るが、切れると地獄のような苦しみを味わう、という悪魔の薬です。
あー、注射が苦手な方済みません・・・(汗)
私も苦手で、注視できず、いつもそっぽを向いています。で、先日インフルエンザのワクチンを打って来ましたが、痛いのなんのって!(涙)


・・・話が逸れた(爆)

で、おぼろげながら目を覚ました彼に、カッツェは「ブラックホール作戦」を説明します。
説明は博士がその前にしていましたが、要は”ニュートリノ”を地球核にあるマントルに融合させ、「ニュートロン反応」を起こさせる事で、その発生による膨張がしぼんだとき、地球内にブラックホールが出来てやがて地球は消滅してしまう、という原理というわけです(ここはあんちょこを・・(苦笑))



話を聞かされたジョーは怒り、自分を抑えていた隊員らを蹴散らすと、羽根手裏剣をカッツェに投げつけます。が、それは逸れてカウンターの中へ・・・・。

それは奥深くまで行ってしまい、この時点ではもうダメか・・と視聴者もがっかりするシーンです。

中性子爆弾が次々とマントルへ落とされ、地震も大きくなって行きます。
カウンターが不気味に動いてブラックホール作戦が着々と遂げられようとしています。

果たして、科学忍者隊はそれを阻止する事が出来るでしょうか。
いよいよ、次回は最終回です。


コメント

続けてすみません。
このシーン、子供さんに配慮してか、針が刺さっている処を写していないですよね。
やっぱり子供番組なんだなぁ、と思いました。
そう言えば血も殆ど出ませんものね。
本当ならジョーはもう撃たれていますから、大人のアニメなら出血の描写があったと思います。

カッツェ目掛けて放った羽根手裏剣が外れた時のジョーの落胆ったら観ていられなかったです。
でも、それが結果的に地球を救う事になるんですものね。
それを知らずに彼が逝った事が残念でなりません。

ついに次回が最終回のレビューになりますね。
これで何回目ですか?

[ 真木野聖 ]


2015/11/14(土) 午前 8:45


こんばんは~

>出血の描写

リアルにやったらすごいでしょうね。81話とかもすごかったし(実際、ジュンがすごい出血だわ、と言ってましたからね)
ファンとしは、綺麗なままの彼の方がいいけど、血まみれの姿もそれはそれで現実味があってどんなに争いというのもが愚かな行為か、というのが理解できていいかも、と思います。

>それを知らずに

カッツェを刺せなかった、という思いだけが残ってしまった事になるんですよね、考えてみれば。
まあそれは健たちも現場にいたけど、まさか羽根手裏剣とは気づけなかったし。
知っているのは視聴者だけ、なんてね。

>何回目

うーん・・4回か5回くらい?
よくやるよね(爆)

でも、始めはテキトーに(爆)やってればいいけど、最終回って来ちゃうんだなーと最近思ってます・・・。

[ kisara ]


2015/11/14(土) 午後 7:51


スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HPのオリジナルフィクションシリーズをアップしました。 | El Condor Pasa | 第103話「死を賭けたG2号」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |