バッファローメカ(#96)
2014-10-03 Fri 20:20
ラストの鉄獣は牛さんです。



96話「ギャラクター本部に突入せよ」より。

どうでしょう、この風格。これを観る限りでは牛、というよりもトーテムポールって感じですね。(余談ですが、小学校の卒業制作でクラスでトーテムポールを作ったなあ)
バッファローは、「水牛、野牛」とか言う意味です。よくアメリカとかアジアにもいたりしますね。アメリカは”アメリカバイソン”というのがいますが。

これはギャラクターの基地になっていて、中に、健、ジョー、ジュンの3人が捕まってしまった部屋もあります。(ついでに言うと、ジョーがカッツェに鞭打たれるところでもある・・)

この鉄獣、ちゃんと爪が牛さんしているのも高得点(?)です。



近くをゴッドフェニックスが飛んでいるのが分かりますか?
ホントにデカい鉄獣だという事です。そりゃ、一つの基地になっているんですからね。
この牛さんの角は1つしかありません。話の冒頭で雷に打たれて落ちてしまったのです。これは彼らにとってちょっとした誤算かも?

ところでこの回は、このバッファローといい、西部劇のようなセット(に似ている町)といい、カヌーや渓谷、といい、全体的にアメリカンな雰囲気が漂います。
その合間にバードスタイルで(笑)スパゲティを食べているシーンはご愛嬌?

毎度ながらこんな大きなメカを操るギャラクターの技術力はたいしたものです。
でも同じ牛でも闘牛のだったらもっと迫力だったかも。


そんなわけで鉄獣さんたちとは今日でお別れです。
読んでくださり、ありがとうございました。通常に戻りたいと思います。これからは忍者隊はもちろんですが、この鉄獣たちにも注目して観てみると面白い発見が出来るかもしれませんので、みなさんもそのつもりでご覧になったらいかがでしょうか?

スポンサーサイト
別窓 | ガッチャマン・鉄獣たち | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『迷子』 | El Condor Pasa | 忍者大魔人(#95)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |