第100話「20年後のガッチャマン」
2015-10-30 Fri 19:37


この話はいわばパラレル・ワールド、といったところか。ジョーがたいへーん、という息の詰まった展開にポッと出て来た感じです。
かいつまんで言えば、「健が気絶している間に20年過ぎて、ギャラクターが支配する世界を見せる」という話です。
まあずっと苦しいのも観ている方も何なので、ここらで休憩、なのでしょうか。
ジョーが元気なのは嬉しいですが。

にしてもいいお顔がなくて唯一の素敵なショットです(てか、そもそも出番がない)

で、あまりにも出番が少ないのでふざけてみるジョーくんです・・・





               「ふにゃーご♪」

いくらハロウィンが近いからって化け猫(笑)にならなくたって。
相手も驚いてますよ、あれ、あんた鳥じゃなかったの? なんて。

そういえばこの時のジョーの目は、「キャッツアイ」だわ。

次回からはまた重たくなりますね。

・・え?今回はこれだけかって?
はい。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<闇夜の使者 | El Condor Pasa | 第99話「傷だらけのG-2号」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |