『不調』
2015-10-25 Sun 12:50


  どうしたんだろう
  今までこんな事なかったのに


彼はじっと天井を見つめた。
朝目覚めると体がふわりと浮いた気がして
そのまま暫く経つと今度は頭がグルグル回りだした。


  やはりあの時の症状はウソじゃなかったんだ
  明日はきっと大丈夫だと思ってたのに


たいていの人間はそうだと思うが
具合が悪いのは一時的なものでありすぐに治るものだと思い込む。
いや、思いたい。
だが、彼の場合は違った。
何だか昨日よりも悪い気がする。

窓から外を眺めた。


  俺は・・どうなってしまうんだろうな
  このまま治らなかったら・・・


ジョーは頭を振り、横を見下ろした。
そしてすやすや眠る小さな仔猫をそっと撫でた。



  お前を置いて行けないよ
  俺がいなけりゃ誰がお前の面倒を看るんだ

  ・・・弱気になるな、ジョージ朝倉
  いや、コンドルのジョー
  お前の使命はまだ果たされていない
  すぐに良くなるさ


ジョーはベッドから降りると、シャワー室へ向かった。
そしてさっぱりした顔で愛機の整備をするため外へ出た。




スポンサーサイト
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『成功だ!』 | El Condor Pasa | ガッチャマン劇場27~もしもし亀よ~>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |