#100『20年後のガッチャマン』
2014-05-09 Fri 20:26

 
マキシム博士とともに氷河に向かった健、突如氷の亀裂に閉じ込められ、しばらく目を覚ますと、そこは何と20年後の世界だった!
 
・・・という何とも取って湧いたようなお話です。
そこで見せられる数々の衝撃的な映像。それはまあ見事なトリックなわけで。
 
で、そんな中、科学忍者隊の墓だと言って見せられたのが、これ。
どうやらジョー、ジュン、竜の3人らしいのですが・・どれがジョーの墓かなあ。右側の一番目立っているやつかしら、それとも・・でも間違っても奥には引っ込んでないだろうなあ。
 
なんて、縁起でもないことを。この時期に墓なんてとんでもないです。
でもこの時はちょっと健ちゃん、信じちゃってたりするんだよね。
 

 
振り向きジョーくん。この”え?”という表情が可愛いです。
健にポンと肩を叩かれたからなんですが、この後不意を突かれてギャラクターに殴られ、お返しにぼこぼこにする彼です。
 
健ちゃんとマキシム博士にはお見通しだったようで、彼らはすぐに駆けつけていました。ギャラクターも手の込んだ、というか子供だましな事をするものです。21世紀になった現在でも残念ながらあんな近未来的な感じにはなりませんでしたね。未来といえば、昔はチューブ式の道路が走っていたりやたら高い建物だらけというのを想像したもんです。
 
だけど、これはどういういきさつで挿入された話なんですかね?重苦しい展開になってきたので息抜きとか思ったのでしょうか。それとも意味なし?(爆)
まああまり深刻に考えなくて済むからいいかー、
スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HPのフィクション「黄金の翼」エピソード17アップいたしました。 | El Condor Pasa | #99『傷だらけのG-2号』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |