#52『レッド・インパルスの秘密』
2014-03-04 Tue 19:50


親父が生きている、とすっかり気がそっちへ行っちゃった健ちゃん。で、その親父さんを見た、という昔の友達が現れ、一緒にホントワール国へ行ってしまって、それを見送った甚平です。
やっぱりというか博士から大目玉。もちろん内緒にしてた甚平も恐縮しきりですが、博士は自分勝手な行動を取った、と健に対して怒ります。
だけどねえ、一人だけ呼び出されてみんなには黙って、なんて言われればねえ。どんだ損な役どころですね。





   ” 構わねえ、竜、ぶち壊すんだ!”

健のいないところでキャタローラーと対面するゴッドフェニックス。ここぞとばかりに突進しろ、と竜に指示するジョーですが・・。こんなのがリーダーじゃなくてホントに良かったですね。彼だったら、命がいくつあっても足りませんわ・・(←ファン)。
でもそんなイケイケの彼もステキだけど♪(←ビョーキ)

で、ジュンの機転でバードミサイルが使えるようになると、まるで水を得た魚のように生き生きと(笑)赤いボタンを押しまくり。
4、5発くらいでカバーが閉まってしまいますが、それでもキャタローラーを倒すのには十分でした。

そんな彼らは博士から、レッド・インパルスの隊長が健の親父さんだと知らされるのですが、当の本人は一人寂しく海辺でたたずんでます。
そしてギャラクターは地球を乗っ取るための手段として「V2計画」というものを始動させてしまうのですね。
阻止出来なかった忍者隊やレッド・インパルスの面々も、ただ見ているしかありません。
スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#53『さらばレッド・インパルス』 | El Condor Pasa | #51『回転獣キャタローラー』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |