故郷は心の中に
2013-11-06 Wed 18:06


95話「合体忍者大魔人」より。

今日は自分の誕生日なんだ、とめかしこんで健たちの前に現れる甚平。でも祝ってくれるはずのジュンが単身ジュピター山に調査に出かけてしまい、すっかり落ち込んでしまいます。おまけに、誕生日なんて、ヒマな時にやればいい、なんて竜が言うものだから傷ついて飛び出してしまう。
健もジョーも竜を諭しますが、多分普通だったらガミガミ怒るだろうけど、この2人の対応は実に大人でそれがかえって竜の反省を促すのに効果的でした。

人を叱るときにはああいう風に静かにやると、相手も感情的にならずに聞くもんです。実はこれ、昔短大で秘書学を学んだ時に聞いた気がします。後は、みんなの前で怒らず、別室に呼んでそこで言うと、相手もちゃんと理解するものだ、というのも教わりました。(他の人の前だと逆に反抗されたりと効果が激減するとの事です)

自分のルーツを知ろうと、ジュピター山に行く甚平はそこで盲目の老人に出会い、ジュピター忍者に襲われてしまいます。でも、そこへ駆けつける3人。



そこで忍者隊対忍者の戦いが繰り広げられるわけですが、みな、素顔でも強い!ジョーは81話で証明済みですが、健や竜も負けてませんね。(ジョーはまだ元気だ・・・)

老人は甚平に言いました。
「故郷は自分の心の中にいだいていれば良い」
そしてその言葉は最後に、彼が同じ台詞として言います。親のいない、健やジョー、ジュンは特に心に来るだろうし、竜も故郷を離れているので感じるものがあったかもしれません。

これはもしかしたら、観ている私たちにも向けられていた台詞かもしれないですね。
何だかそう思えて来ました。


コメント

こんばんは。
この回の戦闘シーンは劇場版のオープニングにも使われている位出来が良かったですね。
下の写真の2ショットにはボーっとしました。

ジョーの発言は、彼が18歳にして壮絶な人生を歩んで来たからこそ言える台詞だったのかな、と思います。
(健ちゃん度外視)

この後はレオナがあって、その後は…と思うと、ジョーの元気な姿もそろそろ見納めですね。(/_;)

[ 真木野聖 ] 2013/11/6(水) 午後 11:40


こんにちは、聖さん

確かに若くして色々体験しちゃうと、人生悟っちゃいますよね…。
でもジョーはあまりにもありすぎですよね。

>レオナがあって、その後

ここに来ると、同じようにブルーになってしばらくここも湿っぽくなります(爆)
(レオナは最近ダメなんですよ…)

[ kisara ] 2013/11/7(木) 午後 0:56

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<彼の体を蝕むもの | El Condor Pasa | 甚平をからかうジョー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |