さらば、三日月基地・・
2013-11-04 Mon 10:48
いよいよ、この話が来てしまいました。これが終わると、いよいよラストスパート、という気がします。



91話「三日月基地爆破計画完了」

洋上で豪華客船が無数の魚雷攻撃によって沈没した事件。
それがギャラクターの仕業かと色めき立つ忍者隊、博士が例のタイタニック号の被害以上だと言う事を話すと、甚平、もしかしたらタイタニックもギャラクターの仕業かもーと独自の論理展開を披露。
でも、ことごとくみんなに無視され、しょぼーん。可愛いな、甚平。お姉さんはちゃんと聞いてたよ♪
こんなしょーもないお兄さんたちなんか気にするな(爆)。




三日月基地へまんまと侵入したギャラクターに気づき、いてもたってもいられない忍者隊。
その時の健とジョーのツーショットですが・・。やっぱりいいなあ。話はそれどころじゃないけど、この2人が一緒に並んでると何だかドキドキします。

そして彼らにぼうっとしていると、三日月基地に危機が!



92話「三日月基地の最後」

いきなりこの場面ですが(爆)。
海底奥深く沈み行く三日月基地に何とか入れたゴッドフェニックス。博士の危機を聞いたジョーと甚平は、水中を潜って中へ入る事に。そしてトップドームが開く手前の2人がこの絵。甚平、たっくさん息を吸い込んでます。
それにしてもこの時の2人の心境っていかばかりか。博士を助けるという強い意志でここに立ったと思いますが、いやあ、こっちはドキドキする瞬間です。そう、これから見ている方も苦しくなる映像がしばらく続くんですね。



私は泳げないのでこのシーンはひゃ~という感じですが(爆)、忍者隊たるものこんな事も出来なくてはいけないのですね。忍者隊に入るのやめよう(って入れないって。若くないんだから(爆))。

最後の、もはや風前の灯となった三日月基地に、超バードミサイルが撃ち込まれるシーンでは、何だか泣きそうになりました。せめて自分たちの手で永遠の眠りにつかせようという思いが込められていて、ここはいつ見ても胸にぐっと来ます。



コメント

こんにちは。
91と92の連続鑑賞はキツイですね。
何回観ても慣れません。
一緒になって息が詰まってしまう……。
とにかく重い。
そして、仰るようにラストスパート、と言う気がして、この後の展開に気もそぞろになります。
もう(本放送時で)1ヶ月半後にはジョーの発病ですものね。
毎日2話ずつ観ていたら本当にすぐです。(/_;)

もう何回観ただろう、と言う位、この1年で『ガッチャマン』を観ました。
漸く皆さんの知識に追いつきつつあると思われる今日この頃。
kisaraさんの最初のレビューの頃はまだ動画サイトでしか観た事がなかった話がありましたもの……。
何ともこの1年の濃かった事!
自分でもびっくりです。

[ 真木野聖 ] 2013/11/4(月) 午前 11:34


こんにちは~。

>91と92の連続鑑賞はキツイ

上手い具合にまた続いての放送でしたからね。集中できるのはいいんですが。
「ガッチャマン」という作品は、3つの山がありますね。
1つ目が、健パパのお話、2つ目がこの三日月基地の最後の話、
そして3つ目が、最終回に向けての3連作・・・。
そしてこれからは、その3つ目の山に向けて登ってゆくのです・・。

>何ともこの1年の濃かった事

全くです!私もこんなに中身の詰まった、充実した1年はありませんでした。本当に毎日のように「ガッチャマン」で明け暮れたような・・。
このブログが始まった頃は仕事よりもこっち、という状態でしたが、今は両立できるようになっています。我ながら凄いな、と(爆)。
(でも仕事の合間にはいつもフィクとかイラストの構成なんかを考えちゃいますけどね)
何だか、ジョーのおかげで気持ちが若返った気がします(笑)。

[ kisara ] 2013/11/4(月) 午後 3:02

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<甚平をからかうジョー | El Condor Pasa | ツイッターを始めました。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |