アドヴェント(待降節)第三周目
2015-12-13 Sun 13:04



   「「主よ、今こそ、あなたはみ言葉のとおりにこの僕(しもべ)を
    安らかに去らせてくださいます。
    わたしの目が今あなたの救いを見たのですから。
    この救いはあなたが万民のまえにお備えになったもので、
    異邦人を照らす啓示の光、み民イスラエルの栄光であります。」
    父と母とは幼子についてこのように語られたのを、不思議に思った。
    するとシメオンは彼らを祝し、そして母マリヤに言った。
    「ごらんなさい、この幼子はイスラエルの多くの人を倒れさせたり
    立ち上がらせたりするために、また反対を受けるしるしとして、
    定められています。ーそして、あなた自身もつるぎで胸を刺し貫かれ
    るでしょう。ーそれは多くの人の心にある思いが、現れるように
    なるためです」」
     (ルカによる福音書 2・29-35)

今日はアドヴェント第三週です。クランツの3つ目が灯りました。

今年はクリスマスが金曜日で、その週の日曜日がクリスマス礼拝というちょっと間延びした感じです。
ちょっと小雨が降って、教会外に立つもみの木がしっとりと濡れていました。
それもなんだか素敵だな、と思ってしまいました。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「博士/鳥orバード/髪」 | El Condor Pasa | HP企画「お題でイラスト」第二十二弾をアップしました。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |