『天使』
2015-09-29 Tue 19:46
窓を開けた健は、夜空を見上げた。
「すごい星だな」
彼は思わずそう声に出した。空にはおびただしい数の星々が瞬き、その光も
かなり強い。しかも、上空には大きな月も輝いていた。
彼はドアを開け、外に出た。
「そう言えば、昨年の今日もこんな夜空だったな・・・」
健はそう言うと、うつむき、目を伏せた。
そう、あの”別れ”の日ー。

健は停めてあったセスナ機に向かって歩いた。
「今日も行くか。あいつの近くへ」
彼はそれに乗り込み、エンジンを吹かした。
セスナ機は加速を付け、やがて空へと上がった。
星まで手が届きそうなところまで上昇した。そして健がその光景に何とも言えない
気持ちで眺めていると、突然奇妙な音がし出した。おまけにどこからか煙が立ち始
めている。
「・・どうしたんだ」
健は慌ててレバーを引こうとしたが、まったく動かない。
やがてセスナ機は止まってしまい、そのまま落下し始めた。
「うわあああっ」
そしてそのまま森の中へと突っ込んで止まった。
健は気を失ってしまった。



どのくらい経ったであろうか。
健は何やら暖かいものを感じてゆっくり目を開いた。
眩しい。彼は思わず目を閉じたが、恐る恐る目を開けた。
何だここは。やけに白いぞ。それにー
ふと健は、傍らに誰かが立っているのに気づいてそちらに顔を向けた。
小さな男の子がじっと自分を覗き込んでいる。
「ここはどこだ?」
健は起き上がってその子に尋ねたが、その子は驚いたように少し後ろに下がった。
が、その瞬間健は目を疑った。男の子の背中に何と小さいが鳥のように翼が生えて
いたのだ。そしてその子は白い服を着ていて、まるで絵画に出て来そうなエンジェル
そっくりな格好だった。
「・・天使?・・・え?」
健はその子を見つめた。誰かに感じが似ている気がする。髪や瞳の色といい、目つき
といい・・・目つき?まさか。
「あの、君はー」
『ジョージくーん』
今度は女の子の天使がやってきた。ジョージと呼んだな。健は確信した。
「助けてくれたんだね」
健はなるべく脅さないように男の子に話しかけた。何しろ”彼”だとしてもまた幼い。
『・・べ、別に。ただ神様に”あの人を助けなさい”って言われただけだ』
男の子は少し捻くれたような言い方をして視線を逸らした。
健はふっと笑った。
「・・・本当にそっくりだ」
健は立ち上がった。そして周りをゆっくり見回したが、人っ子一人いない。
しかし、遠くからハープか何かの音楽が絶えず流れてくる。神様か何かが弾いている
のだろうか。
『ねえ、ジョージくん、行こうよ。レナ、見せたいものがあるの』
『うん、行くよ』
女の子に腕を引っ張られるようにして急かされた男の子は、健にこう言った。
『それじゃあね、お兄ちゃん。・・・まだ来るの早いよ』
「ジョー!」
女の子は振り向いた。
『ジョージくんよ!』
男の子も振り向いたが、前を向いて彼女と一緒に駆け出した。
「・・待ってくれ、ジョー!行くな!」
健は思わず追いかけようとしたが、足下がズボッと落ち、そのまま落下した。
「うわああああああ~!」




「兄貴、兄貴ってば!!」
「・・・・」
健は目を開け、はっとして起き上がった。木の上だ。そして近くでは甚平が心配
そうに見ている。
「あ、あれ・・・あの子達は・・?」
「あの子達?やだなあ、オイラしかいないよ、子供の事言っているとしたら」
「・・そうか」
「どうしたんだい?兄貴のところに来たらちょうど飛んでいっちゃうし、かと
思ったら突然どっかへ落ちちゃうし」
健はため息をついた。
「・・そうだったな」
健は今までの出来事を甚平に話した。甚平はバカにせず、真剣に聴いていた。
「・・そうなんだ・・良かったね、会えてさ」
「ああ・・」
「そういえばさ、死んだら星になるって話したって前言ってたよね」
「そうだな・・」
「じゃあさ」甚平は空を指差した。「きっとあのすごく光って目立っているの、
きっとジョーの兄貴だね」
「ははは。きっと甚平がちゃんと店の手伝いをしているか見てるぜ」
「えー、星になってもキビシいなあ、ジョーの兄貴は」
健は笑って星々を見上げた。そして先ほどの男の子を思い浮かべた。
(・・・何だよ・・先に行っちまいやがって・・・何が”お兄ちゃんはまだ
早い”だ。・・・・お前だってまだ早いじゃないか)
健はうつむいた。
(・・・馬鹿野郎・・)
でも・・・と健は思った。
幸せになれたんだな、やっと・・・。

「さてと。また一周するかな。・・そういえばこのところメンテをろくにして
なかったかもな。(微かに笑う)・・何だか身に入らなくて・・」
「・・兄貴・・」
「点検し終わったら、甚平乗ってくか?星が綺麗だ。その中を飛んでいると
別世界だぜ」
「うん!」
2人は降りた。
「あ、兄貴、メンテはしっかりやってね」
「分かってるよ」
そしてセスナ機に近づいた。それは落ちたに関わらず無傷でまるで置かれたかの
ように佇んでいたのだが、2人はまったく気にも留めなかった。

天空では星達がいっそう強く瞬いていた。



                 ー 完 ー

コメント

今日29日はジョーの「命日」。遅くなってしまいましたが・・フィクを今年も書けて良かったです。
向こうの世界で幸せにしているといいな。

[ kisara ]


2015/9/29(火) 午後 7:52


kisaraさん、こんばんは。
命日フィク、感慨深く読みました。
ジョーはレナちゃんと一緒に天使になったのですね。
健の危機を救ってくれました。

本当に健が言うように自分は早く逝ってしまいましたね。
彼だけいつまでも若いなんて、辛いですね。
良い物を読ませて戴きました。
星空の描写が素敵でしたよ!

[ 真木野聖 ]


2015/9/29(火) 午後 8:07


素敵な作品でした!
ジョーは天使になってたのですね。
よかったです。
天国で子供に戻って、神様の愛の元で安らかに暮らしているのを見て、こちらも心が暖かくなりました。

[ ピピナナ ]


2015/9/30(水) 午前 1:49


こんにちは、聖さん。
コメントありがとうございます。

>天使になった

イラストでは18歳そのままの姿なんですけど、やはり子供に戻した方がカワイイかな~なんて。いえ、18歳でも可愛いですけどね。←ファンの贔屓目?

レナの方がもっと若く亡くなっているのでやはりこれでいいかな・・?

>星空の描写が素敵

ありがとうございます・・・(照)
ちょうど、先日スーパームーンとか観たばかりだったし、星がちらと見えたんですよね。
なので、その光景も取り入れてみました。
感じていただいて良かったです。

[ kisara ]


2015/9/30(水) 午後 5:57


ピピナナさん、こんにちは~
感想ありがとうございます。

>天使になって

ジョーにはやはり安らかでいて欲しい、と思って毎年天使ものを題材にしてしまいます。
我がままそうですけどね(笑)

>神様の愛の元

神様もきっとハラハラして見守っていたでしょうね。なので、どんなにいたずらしても大目に見てたりして・・。
あ、また1本書けそうですね^^

[ kisara ]


2015/9/30(水) 午後 6:05


お星さまになったジョーは健の窮地に天使に姿を変えて彼を救ったのかな。
ちゃんと健のことを守っているのね。えらいぞ、ジョー(^^♪

天使のジョーは優しい顔をしているのかな。
ちょっとつまらないぞ(おい)

遺されたものの悲しみや辛さもジョーはきっとわかっているはず。
美しい星の輝きで癒してあげてね

[ キョーコ ]


2015/10/3(土) 午後 11:26


キョーコさん、こんにちは♪
読んでくださり、ありがとうございます。

>天使に姿を変えて

じっとして輝いているお仕事がイヤだったりして・・・(爆)
憎まれ口だったり反抗したりしてたけど、やはり長いお付き合いだったから、健の事が一番気がかりなんですね。

>優しい顔

怖い顔していると神様に怒られちゃうかもしれません。
顔で笑って心で怖い顔して・・なかなか天使という仕事も楽ではありません。
でもジョーは天国でも反抗していると思ってますけどね(笑)

>遺されたものの悲しみや辛さ

をよーく知っているジョーがみんなを置いて旅立たなくてはならないのは、すごく苦しいでしょうね。
きっと一層瞬いて彼らを包み込んでいくのでしょう・・(うる)

[ kisara ]


2015/10/4(日) 午後 1:19


>・・・・お前だってまだ早いじゃないか
だめです。
これで涙腺崩壊しました。

[ 朝倉 淳 ]


2015/10/5(月) 午後 4:00


こんばんは、淳さん。

>まだ早い

これはファンだって思ってますよね(うるる)
健ちゃんに代表して言ってもらいました。

毎年この時期はこんな気分ですね・・

[ kisara ]


2015/10/5(月) 午後 8:27


スポンサーサイト
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「撃/様/命令」 | El Condor Pasa | 『取らないでね』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |