『薔薇』
2013-09-22 Sun 13:31
「ジョー、何故あの薔薇が爆弾だと分かった?」
「・・えっ・・なあに、勘ってヤツですよ。」


南部博士に聞かれた時、俺はとっさにそう答えたが、勘なんかじゃない。
あれは薔薇の形をした爆弾だ。
俺はこの目でハッキリ見た。あの時、一人の女がそれを手にしていた事をー。



俺は親父とお袋から離れて一人で遊んでいた。
何をしていたのか覚えていないが、波の音がひっきりなしにしていた事は
覚えている。

そして突然銃声が辺りに響き渡った。
俺は驚き、気がついていたら走っていて、親父とお袋がいるところへ行った。
だが、2人はもう動くことはなかった。
俺は、彼らは殺されたのだと子供ながらに直感した。
振り返ると、一人の仮面の女が立っていた。
俺はとっさに親父の手から拳銃を取り、女に向けて歩いた。
そして女は手にしていた薔薇を俺の手前に投げた。

それは爆発した。
でも俺はそれ以降は覚えていない。記憶がそこで途切れたのだ。


俺がギャラクターを憎む事はあいつらは分かっている。
だが、本当の悔しさというものは分かっていないんだ。
それまで優しく包んでくれた親父とお袋が、一瞬のうちに冷たくなって
しまった。もう二度と笑って声を掛けてくれたり、抱きしめてくれる事
はもうなくなった。

誰にも分からない、この言いようのない苦しみ、そして悲しみが。
頼れるのは自分だけ。己の本能の赴くままに生きるだけだ。


俺は必ずギャラクターを倒す。そしてそれが遂げられた時、俺は晴れて
親父たちに会う事が出来るだろう。

その日は近いうちに必ず来る。必ず。

だから待っててくれよ、俺のこの手であいつらを葬り去ってやるからな。


コメント


kisaraさん、こんにちは。
31話からインスパイアされたお話ですね。
ご覧になられたばかりだから、イメージもし易い。(^-^)

ジョーの復讐心は他のメンバーには解りづらいでしょうね。
健が後で似たような境遇になりますが、彼の父親は地球を救うと言う大義名分の為に散っている。
眼の前でその『死』を『くっきり』とは見ていません。
そこが何か健とは違うんですよね。
健の復讐心は途中で挫けたりしますが、ジョーのそれは最期の瞬間まで決して折れませんでした。

[ 真木野聖 ]


2013/9/22(日) 午後 2:24


こんにちは、聖さん。

やはり観たばかり(というか、よく観る話)だと書き易いのは確かですね。
でもちょっと短かったかなあ。もう少し長めだと読み応えあるのにねえ。私のはすぐ読み終えちゃうから、きっと物足りないでしょうね。
難しいです。(あまり長いと自分が飽きちゃうのかも・・(爆))

>ジョーの復讐心は他のメンバーには解りづらい

当事者ではないと、やはり理解できないと思いますよ。
特に目の前で両親を殺される、なんてそうめったにないですものね。自分に置き換えたら・・・きっと狂いそうだなあ。もう自分の殻に閉じこもってしまうでしょうね。
その点、ジョーは強いですよね。悲しみや苦しみをバネに生きているのだから・・。

[ kisara ]


2013/9/22(日) 午後 6:21

スポンサーサイト
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戦う男は美しい | El Condor Pasa | 竜、まだ食べちゃダメ!!>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |