第90話「装甲鉄獣マタンガー」
2015-09-25 Fri 19:31


ドクター・フィンガーの頭の照り具合を見て、ひちょりさんを思い出したキサラさんです(笑)。

で、そのドクター・フィンガーが自慢の鉄獣を引っさげて忍者隊に宣戦布告、12時間おきに街を破壊すると告げて来ます。引き換えは、忍者隊の命。
その彼の登場にやきもきしているのは、誰あろうカッツェ。自分の座が脅かされるとあって気が気でなりません。なので、一向に出動しない忍者隊に一体どうしたんだーとイライラ。

画がもっと良ければ撮りたかったシーンがあるのですが、とりあえす本日のジョーくんです(上)。
最初の攻撃予告が迫って来た時、もうすぐ時間だな、と呟くシーン。いつも写真写りを気にしているかのように何気ない仕草も絵になるジョーです。
「ちぇっ、どこを撮られるか分からねえから、気が抜けねえな」
とか思っているに違いありません(爆)。




一分の隙間さえ見つからないくらい武装した格好のマタンガー。たった1cmくらいの開いた通気孔を狙うために、特別な弾丸を注文した健。それをジョーにぶち込んでくれと頼みます。
最初は躊躇したジョーでしたが、距離と強風という悪条件をもろともせず、見事にマタンガーの腹に弾をぶち込みます。
「流石だな、ジョー」(けっして”ながれいし”と読んではいけません・・)
カッツェを倒すには一発で仕留めなければならないと言ったジョーに小言を言っていた健、打って変わって彼を褒めます。
それこそ「ホントにおめえって何を考えているのは分からねえよ」と言いたげなジョーの表情です。(ただ思っただけです・・)

GPに抱きついて道連れにしようという作戦に出たマタンガーでしたが、ジュンロケットによって破壊されました。
だけど、どうしてこのドクター・フィンガーといい、博士と名のつく人たちはこうもギャラクターに協力するのでしょうね。
きっと多額の報奨金をちらつかせて彼らを取り入れるんだろうなあ。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<眠る天使 | El Condor Pasa | 第89話「三日月基地に罠を張れ」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |