『家庭の味』
2015-09-21 Mon 10:42


ふと気が付くとまた同じ料理を食べている

お袋はパスタにしろドルチェにしろ

いつも手作りだった

小麦と卵を合わせたものを台の上で捏ね

適当な大きさに作っていく

お袋の手が何か特別なものに思えて

まるで彼女が魔法使いのように見えた


短い間だったが

やはりお袋が作る料理は体に染みて

忘れる事はできない




   あなたは『家庭的な味に飢えている』コンドルのジョーのことを妄想してみてください。
スポンサーサイト
別窓 | お題でいろいろ書いてみったー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「男だろうが女だろうが、そんな事どうでもいい」 | El Condor Pasa | HPのオリジナルフィクションシリーズをアップしました。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |