#99『傷だらけのG-2号』
2013-06-11 Tue 18:19
今回は観てるだけで精一杯であまり画像が撮れてないです。98話よりきついかも、です。

カッツェの乗ったデブルスターをこっそり尾行するゴッドフェニックス。彼らが来ているとは気づかず、部下に発破を掛けるカッツェに、総裁Xのカミナリが落ちます。
見た目子供は一人しかいないのに、カッツェは忍者隊みんな子供(というかガキ?)に見えるのね。それだけバカにしてるんですね。

ギャラクターの基地と思われる建物に着いたゴッドフェニックス。ジョーは超バードミサイルを撃とうとしますが外して上部に当てます。目の前の焦点が合わず、自棄になって押したのですが。
竜には嫌みを言われ、甚平にも責められてしまう。

そんな中、彼らは中へ入って様子を伺いますが、閉じ込められておまけに砂攻めに遭いそうに。
竜巻ファイターで脱出を試みますが、ジョーが調子を落とし、失敗してしまいます。そして二度目は出られたものの、またジョーが外れて落ちてしまい、健はそんな彼を見かねてゴッドフェニックスで待機するよう言います。



反論する元気もなく、渋々従うジョー。
4人が中で大暴れしている間、彼はゴッドフェニックスの中で一人考え込む。俺の体は一体どうなっちまったんだ、と苦しむジョーの手袋、計測器のガラスを割った衝撃で血が滲んでいます。
これくらいで破れる筈もないのに、これは彼の心情を現してるという事なのでしょうか。

そんな中、健たち4人はドリルのついた小部屋に閉じ込められ、そのままマグマに向かって突き進んでしまいます。
健はジョーに、超バードミサイルを30秒にセットし、ドリルの行く先に撃ち込むよう指示します。
自信がない、と弱気になるジョーですが、健に励まされ、ゴッドフェニックスを射程位置まで移動させます。
なかなか焦点が合わなかった彼ですが、バードスクランブルにぴったり照準が合った瞬間にスイッチを押します。
それは地底深く突き進み、ドリルの先に止まり、見事食い止めました。
健たちは力を合わせて脱出。超バードミサイルも爆発を起こし、基地は破壊されていきます。

外へ出た健たちの元へゴッドフェニックスがやってきました。



みんなが戻って来て心配そうにジョーを見つめます。
ジョーといえば、とりあえず上手くいったので、安堵してします。

ゴッドフェニックスの操縦について、これから任せられるかも、と言う竜の言葉に、それもいいかもな、と答えるジョー。
でもそんな彼らの会話など聞いてるどころではない健。彼は、壊れた計測器のガラスと、ジョーの出血を見て、ただ事じゃないことを感じるのですー。



そう言えば、西城秀樹の歌に「傷だらけのローラ」という曲がありましたね。
なぜそんな話をするのかと言うと、ジョーや健の髪型がちょうどあの頃の秀樹や野口五郎の髪型に似せたのでは、というのをどこかで見たので、もしそうだとしたら、そこから取ったのかなーなんて思った次第です。(因に、当時、秀樹のファンでした)


コメント

こんばんは。
私はもうちょっと後の時代になるんですが、野口五郎のファンでした。
何年頃かな?
70年代の終わり頃?
母親に『あんた歌詞の意味解っているの?』と訊かれ、平然と『解んない』と答えてました。(爆)

…本題から逸れました。
この回は本当に観るのが辛いですよね。
竜はここぞとばかりにジョーをチクチク。
意地悪なんだから。
でも、みんなジョーがおかしい事に気付いているのに、後でなかった事になっているのが変ですよね。
健だけしか気付かないなんて。
甚平は子供だから仕方がないと思いますが…。

最後にみんなが入って来た時のジョーのガックリ具合(最後に紹介されている写真)が、いえ、もう最初から最後までずっと胸がズキズキします。
タイトルからして可哀想です。
この次の100話はもっと前に放送して欲しかったですね。
流れが切れるから…。
ホッと出来ると言えばそうなんですけど。

ただ1つ感心したのは、敵がドアを閉めた時のカラーがジョーのマント色で、ドアを閉めたらジョーがどっかりゴッドフェニックスの座席にむっつりとして座ると言うシーン。
あそこの場面

2013/6/11(火) 午後 9:16


(長過ぎたみたいですみません)
あそこの場面転換には唸らざるを得ませんでした。

2013/6/11(火) 午後 9:18


こんばんは、minakoさん。

私もおませな小学生でしたわね。やっぱり歌詞の意味も分かんないくせに聞いたり歌ったりしてましたよ。(友達とまねしてたりしてました)

>健だけしか気付かない

まあ、彼は一番付き合いが長いという事もあるし・・。
でも他のみんなも気付いて入るけど、多分一時的、なんて思ってたりするのかも。みんな、ジョーの事あまり知らないから。

>100話

でもやっぱり必要かもしれないです。このまま苦しい話が続くと見てる方も苦しい。ちょっと息抜きでいいかも。ジョーがちょこっと元気なのがかえって悲しいですけどね。


私もminakoさんの指摘されたシーン、いいと思いました。
そう言えば、マタンガーの時の、「こめかみ~」のジョーの台詞を受けて、カッツェはこめかみが痛い、と言うシーンも絶妙、と思いました。(ここで取り上げる事もなんだけど(笑))

[ kisara ] 2013/6/11(火) 午後 10:41


おはようございます。
でも、『マタンガー』の時、カッツェは眉間を抑えて『こめかみが痛い』と言っていたので笑いました。(爆)

2013/6/12(水) 午前 8:37


こんにちは~。

カッツェは眉間がこめかみなのか?(←まさか)

そういえば、ジョーがカッツェのこめかみ~と言っていた時って健いなかったハズなのに、何故カッツェのこめかみだと思え、なんて言ってるんでしょうね?(さすが以心伝心の強い2人だけの事はある←?)

[ kisara ] 2013/6/12(水) 午後 0:39

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#100『20年後のガッチャマン』 | El Condor Pasa | #98『球形鉄獣グレープボンバー』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |