#78『死斗!海底1万メートル』
2013-05-13 Mon 18:24
昨日が母の日で翌日にこんな話が来るなんてねえ・・

冒頭、ジョーは夢を見てて”ママ”って叫んでますが・・
やっぱり彼ってママっ子なんじゃないかと思います(パパは?という突っ込みはナシだね(爆))
だからもし彼の奥さんになったら、ママ以上のものを作らないと、見向きもしてくれないかも、ですね。

・・・と妄想はこれくらいにして。。(爆)

そんな事もあり、体調の優れないジョーは、健と共にマリンサターン号に乗って海底の方へ調査に出ます。ジュンはジョーが何だか気がかりです。

光に異常反応するジョーに健も心配そう。
マリンサターン号は海底1万メートルを進んで行きますが、そんな彼らの上を怪しげな潜水艦のようなものが通って行きます。
乗っていたのはギャラクターですが、今回の連中はちと頼りない。隊長になったばかり、ってこんなのしかいなかったのでしょうか?(爆)話がシリアスな分、ギャラクターが大いに間抜けなのでちょっと息が抜けます(笑)



子供の頃の話をするジョー。
8歳って言ったら、小学2年生ですよね。この頃の子って本当に幼いですよ。1年生よりは少しはお兄さん、お姉さんですが(当たり前か)
そんな小さな時分に、目の前で親が殺されるというのはどんな風に映るのでしょうね。まだ小さいから、きっと何が起きたのか分からないかもしれないし、一体どうしたんだろうって感じ・・かな。
でも彼は、パパの銃を取って女に向かって行ったんですよね。考えたら凄い子ですけど・・・。
そんな思いで、今日は子供達を見ていました。
怪しいお姉さん(笑)ではありませんよ~。



2人は何も知らずに進みますが、何とギャラクターが侵入しており、彼らは捕獲されてしまいます。
海底空母に連れて行かれる2人。健はジョーに休むように言って、単身、変身してギャラクターを倒しに行きます。

そんな中、海底空母内で大爆発。火柱があちこち立ち上がります。



そんな火を見たジョーは、体が硬直して動けなくなってしまい、健に自分を置いて行けと言いますが、健は拒否。彼を火に対峙させます。
健ちゃんてばちょっと乱暴だなあーと思うけど、こうでもしないとジョーはずっとこのままの状態になっちゃうからね。健なりの思いやり?(やっぱりあの親父さんのーってもういいか(爆))

そして火を見つめ続ける事によって、ジョーはついに思い出してしまいます、自分がギャラクターの子である事を。
彼の両親はギャラクターの幹部(大ボスって書いてある時もあり、相当力があったのね)で、組織を裏切ったために殺された。
  ”親の罪は子の罪。地獄へ行って、お前の親を恨むがいい・・”

2人は、ようやく脱出。海上へ上がる途中で、幽霊水にはまって死んでしまった技術者たちを発見。健は博士に報告します。
俺がギャラクターの子であるとの報告を忘れてる、と言うジョーに、健は「お前は科学忍者隊・G-2号、コンドルのジョーだ」と言い、(忍者隊は)5人でなければならない、と続けます。

2人はみんなの待つ海上へ出ます。先に出た健が手を差し伸べ、ジョーも握り返します。

夕陽に向かって並んで立つ健とジョー。
ジョー本人が話すまで内緒にーと思ってた健、まあ喋っちゃいますが、ジョーもそうだけど、知ってしまった健も辛いですよね。彼もギャラクター憎いですから。
でもそんな出生の秘密を知ってしまっても変わらず仲間だと言ってくれたのは嬉しいですね。だからジョーも思わず涙を押さえられなかったんですね。

コメント


kisaraさん、こんばんは。
もう此処まで来たんですね。
MXではまた今週も足踏みなので、この話は本当に最近観たような気がします。
でも、自分のブログで調べたら、4月16日だったみたいです。
5/22に88話を放送予定です~、確実にそちらが先に最終回を迎えそうな気配ですね。

もうこの回はDVDでも動画サイトでも、テレビ放送でも何度も観ているのですが、海底基地に着いた時には健の手を借りなかったジョーが、海上に出た時には素直に手を借りている、そこに彼の心情の変化が出ていて上手い演出だよな~と感心しました。

でも、ジョーが受けた傷は大きかった筈。
ついついその辺りをフィクでも書いてしまいましたが、ここまでの状況でも充分に辛いのに、何故病気まで課すかなぁ、と思ってしまいます。




2013/5/13(月) 午後 8:33



こんばんは、minakoさん。

>最終回

CNは、6月19日になりそうです。ついこの間見た気がするのに・・
早いですね。またあの話が来てしまうんだ・・・。

>彼の心情の変化が出ていて上手い演出だよな~と感心

今時のアニメには出来ないニクい見せ方ですよね。当時はいい演出家がいたんですね。
フィクの参考にしたいです。

>何故病気まで課すかなぁ

最初はそれこそ単なる親の敵討ちだった事で終わったのと思うのに、それがギャラクターの幹部だったとか、最後には本人を発病させて余命幾ばくもない、なんてエスカレートしてしまうんですからね。

ジョーには幸せになって欲しかったなあ。
(やっぱ妄想するしかないか?)

[ kisara ]


2013/5/13(月) 午後 10:52

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#71〜80) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#79『奪われたガッチャマン情報』 | El Condor Pasa | 『母への想い』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |