『イースター』
2013-03-31 Sun 13:45


「甚平、これやろうか」
ジョーはカウンターの奥で静かに皿拭きをしていた甚平に声をかけた。さきほどジュンに
小言を言われてしょげていたのを見逃さなかったのだ。
「…何?…なんだ、ただの卵じゃんか。」
そう言った甚平はあれと目を丸くした。カラフルな絵が描かれている。
「何だあ、こりゃあ。絵が描いてある。ひでえや、これじゃあ食べられないよ。」
「向こうの角にある教会の前を通ったら子供がくれたんだ。今日はイースターだからな。」
「…いー…すたあ?」
「イースターの日には教会の子供達が卵に絵を描いてみんなに渡すんだよ。」
「へえ、そのいーなんとかという日って、みんなで卵を食べるのかい?」
「卵を食べる日、じゃねえよ。キリスト復活を祝う日だ。」
「キリストって死んじゃったの?」
「ああ。でも三日目に復活した、って話さ。卵はその復活の象徴なのさ。」
甚平は話を聴きながらも卵に描かれている絵を眺めた。
「何でジョーの兄貴はそんな事知ってんのさ。」
「俺が小さい頃、良く両親に教会に連れて行かれたからな。」
「ふーん。オイラだったらきっとじっとしてないだろうなあ。」
「俺は良く抜け出したな。」
「へえ!」
甚平は笑った。
「でもさ、オイラちっとも知らなかったよ…そのイースターってやつ」
「日本じゃクリスマスが盛大だが、他の国ではクリスマス以上に重要な日なんだぜ」
「そうなのかー。でもいいなあ、オイラも何か書きたくなったなあ。でも、うちには
卵はないし…」

しばらくしてジュンが戻って来た。手に大きな紙袋を抱えている。
「よいしょっと…。甚平を連れて行けば良かったわ。…そういえば、甚平、何してる
かしら。私も言いすぎたわ…。きっと落ち込んでるわね。」
彼女は荷物をカウンター奥のシンク横に置くと、甚平を呼んだ。
「甚平!甚平!いるの?」
「何だい?お姉ちゃん」
ジュンは駆け下りて来た甚平を見てほっとした表情をした。
「ああ、良かった。甚平、さっきは悪かったわ。一緒に買い物行けば良かったわね。
寂しかったでしょ?」
「ううん、ジョーが来てたから平気だよ。」
「あら、そうなの。」
ジュンはそう言ってカウンターの隅に目を留めた。そこには小さなかごに絵の描かれた
卵が2、3個並んでいたからだ。
「卵じゃないの。どうしたの。これ。」
「ジョーがくれたんだよ。イースターだって。」
「ああ、今日はそうだったわね。」
「ねえ、お姉ちゃん。これ、食べるのもったいないね。どうしたらいいかなあ。」
「いい考えがあるわ。」
ジュンはそう言って卵を慎重に半分に切り、中の白身と黄身を出した。ゆで卵なので
そのまま取り出せた。
そしてその殻だけになったものに綿を詰めて元通り糊で張り合わせた。
「これで大丈夫よ。」
「なるほど~、お姉ちゃん、頭いい~」
「後の2つも同じようにやっておいて。中は食べましょ。」

 明日から4月。2人は卵を食べながら春の息吹を感じていた。

コメント

kisaraさん、こんにちは。
綺麗な卵ですね。
イースターの卵ってこんなに綺麗だとは知りませんでした。

暖かいお話を有難うございました。
明日から4月なのに寒いですね。
でも、これを読ませて戴いて心は暖まりましたよ。
ジョーはやっぱり暖かい心を持った男。
惚れ直します。

2013/3/31(日) 午後 5:07


こんばんは、minakoさん。

>イースターの卵ってこんなに綺麗

そうなんですよね!毎年帰りにもらって帰るのですが、ホント、綺麗です。手前にあるのが子供の手によるイラストで、後ろにあるのはシールのようです。(そういうのが売っているのかな?)

さて、うちはこの卵どうなっちゃうかなあ。ジュンみたいに綺麗に残したいですけどね。

>心が暖まりました

それは良かったです。。本当に寒いですね。冬に逆戻りしたみたい。
優しくて暖かいジョーはいいですね。やっぱり彼をこういう人物にしたいのはファンの目線だからでしょうか。(だって本当はいい人なんだもーん、悪く言われがちだけど)

[ kisara ]


2013/3/31(日) 午後 8:12


kisaraさん、おはようございます。
確かに後ろの2つはシールみたいですね。
いろいろなデコグッズが売られていますから、シールも豊富にあると思います。
でも手前の手書きの絵が一番ぬくもりを感じます。

>やっぱり彼をこういう人物にしたいのはファンの目線だからでしょうか
そう思います。
でも、実は素直じゃないだけで本質は優しい男だと言う事はファンなら誰でも知っていますから……。(しみじみ)
結構人付き合いもいいし、特に初期はジョー談も言いますしね。
『言わんでも解っとるわい』がお気に入りです。




2013/4/1(月) 午前 8:50



こんにちは~。

>手書きの絵が一番ぬくもりを感じます

そうですね、最初はシール貼ったのしか貰わなかったのですが、やっぱり手書きも欲しいと思って結局3個になっちゃいました(笑)
手書きの方が可愛いです。

>ファンなら誰でも知っています

そうなんですよね!
歯がゆいところもありますが、これもファンの特権と言う事で。
ジョーはイイヤツなのだ

[ kisara ]


2013/4/1(月) 午後 0:46


暖かいお話ですね。
「やかまし村のこどもたち」をいう北欧(・・だっけ?)の話を思い出しました。

>「俺は良く抜け出したな。」
あはは・・・やっぱりー。

うちのGフィクのジョーはクリスマスもキリストも知らない設定にしてしまったので、こーいう話が書けなくてあわててます (^_^;)

[ 朝倉 淳 ] 2013/11/18(月) 午後 5:53


こんにちは、淳さん。ありがとうございます^^

自分が教会に通っているというせいもあるんですが、つい題材にしてしまいます(爆)。
でも、イタリア(シチリア)の人の大半はキリスト教という風に聞いたので、だったらいいな、という希望です。
でも教会に通っていた両親が、ギャラクターに?という疑問も湧きますが・・・・(爆)。

[ kisara ] 2013/11/18(月) 午後 7:38

スポンサーサイト
別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#48『カメラ鉄獣シャッター・キラー』 | El Condor Pasa | 開幕戦2日目>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |