ガッチャマン劇場47〜魅惑の赤いボタン〜
2017-08-12 Sat 11:28
red_button_1.png



コンドルのジョーは赤いボタンを見ると押したくなる、らしい。



gekijo47_1.gif



ジョー:あ♪


ジュン:あー、ジョー!それはダメよ!



 **これを押すとすぐに消防署へ連絡が入り、消防車や救急車が飛んできますので絶対に遊びで押してはダメですよ。


gekijo47_2.gif



ジョー:みっけ〜♪


甚平:ああ〜っ!!兄貴〜っジョーの兄貴を止めて〜〜〜〜っっ!!!


健:ジョー!押していいボタンがあるぞ!




gekijo47_3.gif


甚平:うわ〜い、美味しい〜♪もっとちょうだい


健:ああ、甚平、俺が取ろうとしたのに・・


竜:おーい、ジョー、こっちに全く来んぞい



ジョー:うるせえ、俺が設計したんじゃねえっ(ってか、俺も食いたいんだけど)






                      
 ー 完 ー




おまけ


gekijo47_omake.gif

ISOが総力を挙げて作り上げたボタン式自動流しそうめん(嘘)!
なんてね。



別窓 | 写真(ドール) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第62話「雪魔王ブリザーダー」
2017-08-11 Fri 17:30
G62_title.jpg

「ブリザーダーの呪い」というのがあります。
あ、私が勝手に名付けたものですけどね(笑)

というのは、今までこやつのレビューの日はいつも気温が下がり寒い日になるというものです。秋だったり春先だったというのもあったのですが、でも今年は夏真っ盛り!ああ、ついにその呪いも潰えたか・・・と思いきや。

今日はなんと30度行かず、寒いとまでは行かないまでも涼しい。
やはりブリザーダー恐るべし、というところです。

ね?呪われてるでしょ?(爆)


さて、この62話ですが、実はある声優さんのアイディアが元になっているという話です。
なんでも、スタッフが声優さんたちに、何かネタを持ってきてよと言ったところ、真面目に持ってきたのは佐々木さん一人だけ。で、彼のネタを元にこの話が作られた、と。
でも本人の意図関係なく話ができたらしく、佐々木さんがどこかで愚痴られていたのを読んだことがあります。
戦うのは機械や文明に頼らない生の人間なのだ、というのを彼は言いたかったとか。まあ、そんな話になっているのかな・・一応。

さて、冒頭で勇ましくどんな攻撃もかわし戦う忍者隊。でも実は彼らは本人ではなく精巧に作られたロボット達。
その性能テストを見せられた忍者隊の諸君は、複雑です。特に健は不満顔。
なんでも、日頃の活躍を敬し、国際警察が彼らを表したいと言ってきたため、ギャラクターの出現を予想した博士が身代わりロボットを作成した、というわけです。これらをわざと捕らえさせ、基地のありかを探ろうという作戦です。

街中のパレードが始まりました。音楽隊の後にオープンカーに乗った忍者隊ロボがいます。なんだか何かの優勝パレードみたい。ここは銀座通りかしらん。
その様子を見守っているメンバーを残し、抜け出す健。そして事もあろうに自分のロボットを拉致(!)して待機するよう命じると何食わぬ顔で4体と一緒に会場へ向かいます。
そこはスタジアムのフィールド。せり上がった部分に忍者体が登場です。彼らと握手するため歩み寄る博士・・。
健の番になったところで雲行きが怪しくなります。そして姿を現したのは、サタンのような翼を持つ大きな鉄獣ブリザーダー。口からブリザードを吐き、どんどんあたりを凍らせてしまいます。
博士は鉄獣が現れたことをジョーたちに連絡。でも待機するよう命じて連絡を切ってしまいます。そこへやってくる健。バードスタイルなのを見て、俺たちも出動だ、とその場を後にする男性陣。残ったジュンは健に話しかけてロボットであることに驚愕し彼が黙って行ってしまったことを知ります。

忍者体ロボと健は、車で逃げ、わざとブリザーダーに捕まります。氷漬けになったそれを抱えて空の彼方へ飛んでいく鉄獣。それを確認する博士。

一方、健がロボットの代わりに行ってしまったことを黙っていたジュンですが、基地についた彼からバードスクランブルを受け、みんなに告白。驚くジョーたちですが、正式に博士の許可を取って健たちのいるギャラクター基地へと向かいます。
基地では忍者体がギャラクター相手に戦っていますが、ロボットたちは彼らの発した高圧電流にやられ、粉々になって落ちてしまいます。それを見て喜ぶギャラクター隊長ですが、カッツェに怒られてしまう。
健はその間にも侵入し、制御コンピュータを破壊します。

やってきたGP。マンモスブリザーダーは一部分を凍らせますが、ジョーたちは健ロボットを放出し、その間に火の鳥となります。ブリザーダーは囮の健ロボを破壊し、またもや喜んでカッツェに怒られます・・。

ブリザーダーはロボットの残骸を鉄獣の動力モーターに投げ入れられて動かなくなり自爆します。
谷底へ墜落して爆発しますが、と同時に健が飛び出してきます。彼を拾うGP。ジュンが抱きついてなじりますが、健本人はきょとんとするばかり・・。でも博士には謝らなくっちゃと思っているそうです。
本当に無茶するリーダー様ですね。でもそんな彼を支えるのはジョーたちなのです。いい関係です。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第61話「幻のレッドインパルス」
2017-08-10 Thu 21:10
G61_title.jpg

今日もGPでパトロールしている忍者隊の諸君。ギャラクターが出なくてもこうやっていつも見回りのお仕事をしているんですね。お疲れ様です。

そしてホントワールの上空に差し掛かった時、甚平が思わずここでレッドインパルスの隊長が死んだと口を滑らせてしまったから大変。健は一人でG−1号機で離脱してしまいます。悪意はなかったとは思いますが、甚平はかなり反省しきり・・。
バンアレン帯を押し上げるために空に散った隊長を思い出し、一輪の花をはらり。
でもあんなところにあったということは、最初から追悼する気満々だったのでは?
と思わず勘ぐっちゃいますが。上空に来ること知ってたのかな?(リーダーの特権)


と、そんな健の目の前にあの深紅の機体が。それも3機。まさか!
その1機の操縦士と目が合う健。紛れもなく亡くなったはずの隊長本人ではないか。
新しい基地を案内すると言われ、健は博士に親父が生きているとだけ告げて付いて行ってしまいます。
不審がる博士・・。

その話を博士から聞いた諸君も不審がります。そして健を探しに向かう彼らにギャラクターのメカ鉄獣が襲いかかります。
腰のくびれたスタイル抜群のジガバチ←あくまで私見です(爆)
健がいないのでバードミサイルも撃てず、なんと捕まってしまってお尻の毒針から毒ガスを注入されてしまう。
獲物を抱えてそのまま飛んでいきます。

レッドインパルスの新しい基地という場所へやってきた健。
死んだと思っていた父親を前に照れさえ見せる健ですが、隊長は淡々と用件を話します。(本当の父親だったらきっと親らしい話をするだろうに・・)
隊長はギャラクターの基地の情報を記したという資料を彼に渡します。アタッシュケースを受け取り三日月基地へ戻る健ですが、博士はますます不審に思い、健の話が信じられないと言います。ムッとする健ですが・・。

博士は彼を追って出動したGPのことを話しますが、連絡が途絶えていることに気づきます。何かあったに違いない。
健は出動します。

しかし博士の言葉を思い出し、悔しさにかられ、またレッドインパルスの新しい基地へと健は向かっていきます。
そこで隊長に会う健。彼が自分を”ガッチャマン”や”君”と呼ぶのに違和感を覚え、出された毒入りコーヒーを口にします。
そしてわざと倒れる彼に寄り添い、いたわるふりをして足蹴りにする隊長。やはりカッツェの変装でした。途端に起き上がり、カッツェをボコボコ。怒らせると怖〜いリーダー様再降臨です(爆)
隊員たちもなぎ倒しカッツェを追い詰めようとしますが、床が空いて落ちてしまいます。

そこは鉄格子の立つ牢屋のような場所で、他の4人もいました。
カッツェらは時限爆弾を設置して行ってしまいます。健はカッツェの襟に探知機を取り付けますが、そのまま去っていき、5人は迫り来る起爆時間と戦い始めます。
最初はジュンのヨーヨーで爆破させようとしますが、歯が立たず。ジョーはエアガンに高速回転のドリルを動かして鉄格子の1本を切り始め、健がそこに撒菱爆弾を敷き詰めてブーメランの衝撃で爆破。
皆でそこから脱出します。

健は博士に、資料として持ってきたものは実は探知機になっていることを知らせ、処分してもらいます。
信号が消えたことに慌てたギャラクター、別の信号をキャッチしてそちらへ向かいます。それはカッツェが知らずに持って行った探知機で、それはギャラクターの基地でした。
ジガバチメカはそちらへ向かい、基地はGPがやってきたと思い攻撃し始めます。すると、鉄獣も負けじと攻撃。なんと相打ちになって彼らは自滅してしまいます。

帰途につく忍者隊。健は一人何も言わずに4人から離れます。甚平は声をかけようとしますが、ジョーが止めます。
”寝た子を起こす事件”そんなジョーの言う通り、健にはかなりきつい出来事でした。
人の気持ちがわからないカッツェらしいやり方です。





別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<30>プンプン!
2017-08-08 Tue 18:20
60話「科学忍者隊G−6号」から。

とにかくこの話では、始終ご機嫌斜めのジョーです。
どうしてそうなのかは、健ちゃんが得体の知れない青年を連れてきちゃったことに始まります。

Joe061.jpg

その青年を乗せて出動するところはまだ良かったんですけどね。
でもなんとなく苛立っているようだなあ〜・・と感じるところではありますが。

Joe062.jpg

でも鉄獣ムササビくんの仕組み等を知っている彼は有力な戦力。
健ちゃんは彼と仲良く(?)出動です。
で、おまけに甚平がこんなことを言うものだから、ジョーのイライラは募るばかり!

「よ、頑張れ、G−6号!」(おやふや)

「・・・ちぇっ、何がG−6号だい、面白くねえ(♯`∧´)」


Joe063.jpg

そしてムササビメカの攻撃によって大きく揺れ動くGP。
一生懸命水平に保とうと努力しているのに、竜に八つ当たりです。

「おい、竜!もっと静かに飛べねえのか!(*`皿´*)ノ」


Joe064.jpg


業を煮やしたジョー。ふらふらと赤いボタンの前に・・・。
ジュンの、中には健たちがいるのよ、という声に、「分かっているよ」と答えますが・・。


「何やってんだ、健!(*`へ´*)」


結局青年は自爆するメカと運命を共にするわけで・・。健は涙を流して悲しんでおりましたが、ジョーはどうしたでしょうね。ちょっと気の毒に思ったかな?
いくら彼でもそんなに冷酷ではないはずですよ。寂しく思ったかもしれません(意地悪できなくて←コラ)


ファンはこんな彼でも可愛いとか思っちゃう困った人種です(笑)(いえ、私が、という意味です・・)

本当、ジョーってば子供なんだから!(*´v`)



別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
池袋でお買い物
2017-08-05 Sat 20:40
今日は、池袋東武デパートで開催中の「タツノコプロ55周年記念展」にようやっと行ってまいりました。
でも今回は実はそもそもの用事があったんです。
その用事とは、旅行代金を旅行会社へ支払いに行くこと。今月下旬に、千葉方面に一泊の旅行に行く予定です。
で、母と一緒に支払いへ。
そのついでというか、帰りに寄ろうかと。でもちょうど母も包丁を研いでもらう用事があったらしく彼女は包丁持参です(!)

さて、旅行会社が終わると、包丁を研いでもらっている間に、タツノコプロ展に。

55kinen_1.gif

入り口で回っている健ちゃん。ちょっと向こう向いてますが。ジョーもお出迎えしてくれればいいのにねえ。(でもあまりカッコよくなかったらショックか)

55kinen_2.gif

55kinen_4.gif


ジョーのイラストは健と一緒なのがいくつかありましたが、皆可哀想なのばかりだ・・。(かっこいいけどね)


55kinen_3.gif

55kinen_6.gif

55kinen_7.gif


かっこいいイラストがあるかと思いきや、皆無印以外。
無印のイラストが見たかったのに〜(バタバタ←足踏み)
なんでだろうね?(だってジョーは・・・モゴモゴ)


55kinen_5.gif

無印は、このメカたちですね。ああ、よかった。これこそ2以降だったら写真も撮らんぞ。


55kinen_8.gif


ガッチャマンの先には、みつばちハッチのコーナー。ハッチ可愛いですね〜。よく観てました。
奥にはお母さん(女王蜂)がいます。


55kinen_9.gif


そしてユニクロのコラボTシャツ。ジョーでまとめてみました。なんか、ブロ友さんと似たような感じになってしまいました。
あらかじめ図案を考えて行ったので、割とスムーズにできました。
私らが行った時には人がなく、担当の方が言うには、午前中にはすごい人だかりだったとか。タイミング良かったです。


55kinen_12.gif

タツノコプロ展で購入した物。(ここは入館しなくても買えるんですね)
手ぬぐい迷いましたが、「青」のこれにしました。
黒い本は、タツノコプロの作品集です。展示作品も載っています。


55kinen_10.gif

55kinen_11.gif

他にデパートで買ったのは、「ララランド」のブルーレイディスク。CD屋さんの前を通ったら売っていたのでこれは衝動買いです。
そして後、母が包丁を研いでもらったところで買った「爪ヤスリ」。足の爪は爪切りではなくヤスリをかけて削ったほうがいいということをテレビでやっていたので、前から欲しいと思っていました。


そんなわけで帰宅したのは夕方6時前です。ちょっと歩き回ったかなー。
いろいろ用事を済ませたのでちょっと疲れてしまいました(爆)

最初はそんなにタツノコプロ展に興味なかったのですが、ブロ友さんやつい友さんたちの話を聞いて、うまく日程が組めたので参加してみました。いろいろ懐かしいイラスト等も見られて楽しかったです。
他の地域でも開催されるといいですね。


別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第60話「科学忍者隊G−6号」
2017-08-04 Fri 20:01
G60_title.jpg

今回は、なんとも鈍臭い青年(←失礼ですよ!)が登場するお話です。
まあなんといってもメインはカリカリするジョーくんなんですが、それは別の機会に・・。

ギャラクターのムササビメカ、スカイスクイラーが登場。レーザー熱線でなんでも破壊する鉄獣。そしてそのあおりを受けてギャラクター隊員に数名犠牲が。

その近くに調査しにやってきた健。倒れて意識不明の青年を発見し、基地まで運んできます。
その青年は記憶喪失になっており、自分の名前さえも忘れているよう。
ギャラクターの名に敏感になっており、何やらメカ鉄獣の仕組みも知っている様子です。

出動したGPはスカイスクイラーに立ち向かいますが、レーザーにやられ、尾翼をやられて谷底へ。基地へ戻った彼らは、博士とともに青年からギャラクターだったことやメカ鉄獣のことを聞き、彼を連れて出動します。

スカイスクイラーを発見した健は青年とともにトップドームへ。メンバー、特に甚平はガンバレーと声援を送りますが、ジョー一人ふてくされる。ジュンと竜は無言ですが、どう思ってたのかな?

鉄獣に乗り込む健と青年。中で隊長らと戦いますが、青年と一騎打ちになってしまった健、銃声とともにブーメランを投げますが、弾は隊長にあたりますが、ブーメランは青年の首を刺し、帰ってきます。青年はどうやらわざと当たったよう。
自分はギャラクターとしてではなく、君たちの友達として死にたかったと告げ、ブーメランで時限爆弾の起爆装置を入れます。
彼はそこで息絶え、健はメカを後にします。
爆発するメカ鉄獣。健は、彼をG−6号と呼び、彼の任務により成功したと博士に報告します。

もしこの青年が生き延びてたら、どうなってただろう、とちょっと考えると面白いかも・・・。
でもきっとジョーってば意地悪しているかな。時々助けてやるかもですが。
打ち解けたらきっと相手してやると思いますが。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第59話「怪獣メカ工場の秘密」
2017-08-03 Thu 20:12
G59_title.jpg

コマをやっつけられないなんて、オラはコマった男だわ、へへへ・・・というお話です(なんのこっちゃ)


お化けが出るという噂のある小島近くで、突然の竜巻に巻き込まれてある漁船が破壊されます。
ここはお化けの話が漁師の間で囁かれている場所だったのですが、甚平やジョー、そして竜の3人が馬鹿にしたので、健とジュンが調査に出ることに。きっとあ、しまった〜、暴れられねえや、と3人は思ったとか。←真実度80%くらい

そんなわけでGPでいけないので、2人は小型のモーターボートで小島へ。まあなんだかんだ言って2人だけで出動できて健はともかく(爆)ジュンは内心、しめしめ、と思ったに違いありません。
甚平はとにかくからかうし、ジョーが居たら健がそっち行っちゃうし、竜は別に毒にもならないけど。
と、ジュンが思ってます(嘘)

で、小島で夜になるまで見張る2人。そんな彼らの眼の前に、なんとイカちゃんとメカニカが!そしてそのあと現れた謎の竜巻によって爆破させられます。イカちゃ〜ん(。>(ェ)<。)エエェェェ←うるさい(爆)

で、偵察にやってきたヤドカリメカたち。2人が乗ってきたボートを発見したようです。健はそのうちの一人を気絶させ、メカを乗っ取る。隊員はボートに乗せられて孤独な旅に出かけます。
メカ工場なる場所へ侵入することに成功する健とジュン。隊員になりすました健が中へ入っていきます。
中では最新鋭のメカ、コマキングが完成されようとしていました。そしてカッツェらと出動することになった健は、ジュンにGPへ連絡するよう言って去ってしまいますが、おとなしく待っているジュンではありません。同じように隊員を眠らせ、ちゃっかり扮してついていきます。

一方、ジュンの連絡を受けて出動するGP。眼の前に現れたコマキングを最初は翻弄しますが、竜巻に巻き込まれてしまいます。
メカキングに入った健、そしてジュンの活躍で回転が止まり、竜巻も消えます。そして健はカッツェを捉えるとジュンと共にGPに。同時にいつもの脱出ロケットが飛び出したので、ここであれ?と思うところですが。
そう、カッツェだと思った人物は、実は別人。メカを作った科学者(オガワラー博士)の助手の男でした。思わず悔し涙を流す健。
やはり逃げ足が速いです。

でも、連れてこられたナカモーラ助手はあの後どうなったんでしょうか。また健ちゃん、拷問してたりして(まさか)

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | El Condor Pasa | NEXT