ジョーくんのプチイタリア語2<3>出身地・国籍を言う
2018-02-13 Tue 19:50


italiano_2018_3.gif


Ciao !

今日は、「私は〜の出身です」「私は〜人です」という言い方だよ。
名前の次にはこれ。相手から出身はどこですか?と聞かれる時もあるけど、聞き方と答え方はまた後で勉強するよ。


例文:

私は東京出身で、日本人です。

( Io )Sono di Tokyo, sono giapponese.( イオ ソノ ディ トーキョ、ソノ ジャッポネエゼ )

私は日本から来ました。

( Io )Vengo dal Giappone.( イオ ヴェンゴ ダル ジャッポーネ )


1「〜出身です」

sono di + 町の名前 

通常は、di 〜 の後には、町の名前がきます。

また、国や町の名前などの固有名詞は、大文字で書き始めるので区別が必要だよ。

イタリアでは、自分の出身地を言うときは、まず最初に生まれた町の名前から言うんだ。


2「〜人です」

sono + ○○人

例えば、

私はローマ出身で、イタリア人です。

( Io )Sono di Roma, sono italiano.( イオ ソノ ディ ロウマ、ソノ イタリアーノ )


僕の場合は、

Sono italiano.

だね。
それから、国だけじゃなく、大きな島だと同じように言えるよ。
僕の故郷は、本編ではBC島と言ってるけど、シチリア島がモデルなので、こう答えるね。

Sono siciliano.( ソノ シチリアーノ )「僕はシチリア人です」


それから国籍には性別があるのもあるから注意だよ。


イタリア人     男性 italiano( イタリアーノ )  女性  italiana( イタリアーナ )

アメリカ人     男性 americano( アメリカーノ )女性  americana( アメリカーナ )

ドイツ人      男性 tedesco( テデスコ )   女性  tedesca( テデスカ )

フランス人   男女共通 francese( フランチェーゼ )

日本人     男女共通 giapponese( ジャッポネーゼ )

中国人     男女共通 cinese( チネエゼ )


否定文は、文の前に non をつければいいんだよ。


私は中国人ではありません。

( Io )Non sono cinese.

西洋人から見ると、アジアの人たちは似ているからね。


3その他の出身を問う場合


「私は〜から来ました」という表現には、動詞 venire( ヴェニーレ:来る )を使い、
vengo( ヴェンゴ :私は来る )で表すよ。


私は日本から来ました。

( Io )Vengo dal Giappone.( イオ ヴェンゴ ダル ジャッポーネ )

私は横浜から来ました。

( Io )Vengo da Yokohama.( イオ ヴェンゴ ダ ヨコアーマ )* h は読みません。


「〜から」というのを色々入れ替えてみよう。


中国から   dalla Cina( ダッラ チーナ )

イタリアから dall'Italia( ダッリターリア )

名古屋から  da Nagoya( ダ ナゴーヤ )

アメリカから dagli Staiti Uniti( ダッリ スターティ ウニーティ )

ナポリ県から dalla provincia di Napoli( ダッラ プロヴィンチャ ディ ナポリ )


国を言うときは、da に冠詞をつけ、国名と続け、町を言うときは、da + 町名 で表します。

それじゃあ、ここでまた文法の復習ね。

冠詞は、次に来る単語の形式によって変化します。(上記の場合)


dal + 男性名詞の子音で終わる単語
dalla + 女性名詞の単語

dagli + 男性名詞の複数形

dall' + 女性名詞の母音で始まる単語

この冠詞の変化は実はもっと複雑なんだけど、今回はこれくらいね。


まだまだ寒い日が続くね。健康に気をつけて来週会おうね。

Ci vediamo !


別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『けんか』
2018-02-12 Mon 10:18

太陽が差し込み、明るい色の壁が白く眩しく輝いた。
珍しく雨が続いていたので、雲から覗く太陽の光がとても強く感じられる。
そして白く反射した石畳をとぼとぼと歩いているジョージの姿があった。
うつむいて見るからに元気がない様子だ。
彼は、少し歩いた場所にある建物の前に来ると、ドアを開けて中へ入った。

ジョージはそのまま廊下を歩き、台所の前に差し掛かったが、そのまま進んで行ってしまった。
そこにはカテリーナが立って何かを煮ていたが、ジョージの気配を感じ、声をかけた。
「お帰りなさい、ジョージ」
「・・・ただいま」
あら?とカテリーナは振り返り、火を止めて廊下へ出た。
いつもなら、帰ってくるなり「ママ〜」と言って抱きついてくるのに。
彼女は廊下を登っていく小さな息子の背中を見つめた。
ジョージはもしかしたら・・。
少し大きくなってしまったのかしら。もう私の手から離れようとしているのかしら。
カテリーナは少し寂しいと思った。子供の成長はきっとこんなものなのだ。
しかし、彼女はジョージの表情がなんだか冴えなかったのを思い出し、後について行った。

ジョージの部屋の戸は開いていた。
カテリーナはそっと覗いた。
すると、ベッドに顔を伏せている彼の姿があった。
ので、彼女はそっと近づき、なるべく静かに声を掛けた。
「ジョージ、どうかしたの?・・お腹でも痛いの?」
カテリーナは少し待ち、そして続けた。
「・・それとも・・お友達と喧嘩でもー」
するとジョージは顔を上げ、突然彼女に抱きついた。
「ママ!」
そして泣き出した。
「あーん・・あーん・・ママ・・レナちゃんと・・喧嘩したんだ・・・」
カテリーナはそっとジョージの髪を撫でた。
「一体何があったの?」
ジョージはカテリーナの胸の中で泣いていたが、やがてしゃくりながら答えた。
「・・・レナちゃんから・・お手紙もらったんだけど・・・どっかいっちゃって・・
嘘ついたの。もらってないって」
彼女は何も言わずジョージの髪を撫で続けた。
「そしたら・・頭を叩かれた。痛くて泣いたら、男の子のくせに!って・・・」
カテリーナはあらあらという表情でジョージを見たが、彼はきっと彼女を見つめた。
「でも、でもママ、レナちゃんを怒らないでね!・・あの・・僕ちっとも痛くなかったから」
カテリーナはクスッと笑った。さっき、”痛い”って言ったのに。
彼女は彼を抱き、ベッドに腰掛けた。
「私は女だから、あなたの気持ちわかってあげられないと思ったけど・・パパがいなくても大丈夫そうね。
それじゃあ、ママから女の立場で言うわね」
カテリーナはジョージの目に溜まった涙をそっと拭った。
「きっとレナちゃんはジョージだけに何かを伝えたかったのね。なのに、あなたは無くしてしまった。
彼女は悲しんだと思うわ。しかももらってないって言われて」
「・・・正直に話したらもっと怒らない?」
カテリーナは首を横に振った。
「あなたが大好きなんですもの、怒らないわよ。むしろ、正直者だと知って喜ぶわよ」
ジョージはちょっと考えて言った。
「僕、パパみたいになれるかな」
「ん?」
「いつも優しいでしょ、ママに」
ジュゼッペはことあるごとにカテリーナにプレゼントを渡したり愛を囁いている。
あらやだ、この子ったらいつも見ているのかしら。
カテリーナは自分を見つめているジョージに微笑んだ。


レナは大きく息を吐いて目をつむった。
彼女が帰ってくるなりずっとこんな感じなので、母親は彼女のことが気になって仕方がなかった。
なので、テーブルに肘をついて元気のない顔をしているレナのところへやってきて声をかけた。
「レナ、どうしたの、さっきからずっと黙って」
「・・・・」
「さては、ジョージくんと喧嘩したのね」
するとレナはハッとしたように彼女の顔を見上げた。
「なんでわかるの、ママ!?」
「ふふ、あなたの顔に書いてあるわ」
ええ?とレナは慌てて顔を触った。まだ小さいので本当に書いてあるのかと思ったのか。
「ママは何年女をやっていると思う?あなたよりずうと先輩よ。あなたのことはわかるの」
レナはまた沈んだ顔をしてうつむいた。
「・・ジョージくん・・レナのこと嫌いなのかなあ・・だって・・・お手紙・・ないって・・渡したのに」
母親は隣に座った。
「ジョージくんは恥ずかしかったんじゃないかしら。きっと嬉しかったのに言えなかったのよ」
「なんで?」
「本当に好きな相手だと気持ちが・・そうねえ、ドキドキして、つい意地悪しちゃうの」
「そっか・・・私・・ジョージくんのこと叩いちゃった・・どうしよう、ママ」
「ごめんなさい、って言いましょう」
「うん」


それからレナの家に向かうジョージの姿があった。彼は後手に何かを隠し持っているようだ。
ドアの前まで来た彼は、ふうっと大きく息を吐いて、トントン・・と叩いた。
「はーい」
母親らしき声がしてドアが開いた。
「あの・・」
「待っててね」
彼女は奥へ引っ込んだ。ジョージは何も言わないうちに行ってしまったので面食らってしまったが、
レナの姿が見えたのでぐっと口をつぐんだ。
「・・・」
「・・・」
「「あのー」」
2人はほぼ同時に声を出した。なので、しばらくして笑った。
「あ、あのね、レナちゃん・・これ」
ジョージは後ろに持っていた花束を差し出した。それは、ちゃんとリボンで飾り付けしたミモザだ。

これは、カテリーナの差し金だ。彼女はレナちゃんにこれを持っていくといいと助言してくれたのだ。
「でもママ、これ、去年も渡したよ。同じでいいの?」
「ミモザはね、好きな相手に贈る花なのよ。あなたを愛していますという意味だから、毎年あげていいのよ。
もう直ぐヴァレンタインでしょう?素敵だと思うわ」
ジョージはミモザの花束を見つめた。そうか、いいんだ。
ヴァレンタインか。それじゃあパパは今年も奮発してママにたくさんのバラを贈るんだな。大人って大変だな。

「レナちゃん、ごめんね。お手紙・・」
「ジョージくん、また書くね!それも今直ぐ」
「今?」
「それから・・・叩いてごめんね」
ジョージはびっくりした。レナからミモザをもらったからだ。
「あのね、女の子も好きな男の子にあげていいんだって。・・・レナ、ジョージくんのお嫁さんになるんだもん」
レナはそう言うと照れ隠しのように彼の手を引っ張った。
「中はいろ。お手紙書くから」
「うん」
2人は家の中へ入っていった。


カテリーナは控え室に入ってふっと息を吐いた。
そしてテーブルの上に置いてある手紙を見つめた。

『Amore mio. カテリーナ、君に贈り物をするよ。外を見て』

カテリーナはカーテンを少しだけ開けた。外はすっかり日が落ちて真っ暗闇だったが、
向かいの建物のある窓から光が点滅しているのが見えた。モールス信号だった。

『愛してるよ』

カテリーナはふっと笑った。
「もう、ジュゼッペったら。カッツェに見つかるわよ」
そして彼に向かって投げキッスをしてカーテンを閉めた。


「ママとパパはヴァレンタインなのに仕事だなんて可哀想だなあ」
ジョージはベッドに潜り込んだ。
「お休みなさい、ママ、パパ」




          ー 完 ー

別窓 | フィクション | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
また1つ歳をとる
2018-02-10 Sat 10:26
今日でまた歳を1つ重ねることになります。
正確には夜7時なのでまだですが。


実は予定日は3月でして、1か月早い出生でした。
当時の東京は歴史的大雪で、三日三晩降り続いたとの事です(母談)
雪が見たかったのかなあ?

・・と思ったのですが、実はもしそのまま予定日の3月だったら死産だったかもしれない、と言われたそうで。

きっと胎児なりに危機感を感じて出てきたのか?
神は何かあってお守りくださったのかも・・・なーんて。



・・・おや?霧が出てきたぞ。



birthday2018.gif


kisaraさ〜ん、お誕生日おめでとうございます♪(*^_^*)

あら〜、ありがとう、幽霊戦艦くん^^


実はその前に・・

カッツェ「今年はお前か。良いか、くれぐれも粗相のないようにな。kisaraを怒らせると怖いからな。
     もし失敗したら、海に沈めてやるぞ」


ま、なんてひどいこと。

大丈夫よ、幽霊・・うーん、ちょっとアレだなあ。よし、かの「戦艦大和」をモチーフしたらしいから、あなたのこと「大和くん」って呼ぶね。


戦艦:え、大和さん?うわあ、光栄です、尊敬しているので・・。(*´_ゝ`)



と、そんなわけで・・どうぞよろしゅう。

きっとお若い方とかもここにいらっしゃるでしょう。
私はかなり年上ですが、「亀の甲より年の功」ということで、ジョーの魅力をたっくさんお伝えしますよ〜(^∇^)ノ


別窓 | 日記 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<3>
2018-02-09 Fri 19:30
バードミサイル中毒患者日記・・その3。

5話では、今まで抑えられていた鬱憤を晴らすかのように撃ちまくる患者様です。
でも!
今回はあのリーダー様がお膳立てをしてくださいました。
一旦博士の許可がなくては云々カンヌンと説教をしたかと思うと、博士にBM発射許可を願い出ます。
そして、渋い顔でしょうがないな、という感じで許したのを見て、健はジョーに暖かい(?)視線を送ります。
「ジョー(俺の恩義を忘れるなよ)」
「うん(・・・裏があるのか、やっぱりな)」

あー、やれやれ後でぐたぐた嫌味を言われなくて済むぞ。
と、リーダー様が思ったとか思わなかったとか。


Joe150.jpg

こうなると、もう大変。
18歳の若者は元気よく赤いボタンを連打します。

ぽん!ぽん!ぽん!


Joe151.jpg

えっと、前に数えたことあるのですが、約50本あると思われます。

そんなバードミサイルですが・・とうとうやっちまいました。


Joe152.jpg


「・・・ミサイルが・・切れた」


空になった装置は何度押してもし〜ん・・となるばかり。
ジョー、どうした、とリーダー様。
で、ジョーはこう答えたのであります。
みんなも意気消沈。

あの〜、みんな、止めてあげてよ。

この後は、円盤がわらわらと現れて大ピーンチ!
でもこうなった責任について誰も彼を咎めることもなく。いい仲間だ(なのか?)
しかも甚平なんて、いいぞ、もっとやれ〜とか言って煽ってたもんね。そりゃあ文句言えないわ。

そして紅の翼に助けられる諸君なのであった。めでたし、めでたし。(^∇^)


Joe153.jpg

次の6話では、健たち3人が島へ偵察に出かけたため、竜とともにGPに残るジョー。
でも基地を叩きたい。博士に連絡がてら、ここで一気に叩きましょう!と進言しますが、当然のごとく却下。


Joe154.jpg


でも・・と渋るジョーに、説教する博士。渋々諦めるも、すっごく機嫌悪そう。心配する竜に八つ当たりです。
こわー。

ジョーってば健なら反発するのに博士だと割と素直ね。
上司というのもあるけど、やはり命の恩人だもんね。頭が上がらないんだね(とは言っても反抗する時はあるけど)


G6_3.jpg


しかーし!ここで終わらないのが我らが患者様である。

帰りの駄賃に一発お見舞いしてやるか、という心の声がちゃっかりリーダー様に届いていた。
で、ダメ、と突っ返される。

が、患者様はここで引き下がらない。そして


「だがな、1回だけでいいんだ。頼む、1回やらせてくれ」

ジョー!私はいつでも歓迎するぞ!←黙れ


そして押した。

ミサイルは外れたが・・その衝撃で敵さんは大慌て。そして金塊が偽物だと気づいてさらに大わらわ。
結局カッツェの非情なる命令により自滅したのだからまあよしとするか。

別窓 | コンドルのジョー(#1〜10) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
本日の隊長さん<3>
2018-02-08 Thu 19:48
今日は、第5・6話と2話続けてご出演の隊長さんです。


taicho03.jpg

まあ、2話続けて、というのは、1・2話のあのカッツェになり損ねた(爆)タコさん隊長ですが、あまりそういないですよね。
話が前後編あったのは、ゲソラちゃんとジゴキラーの話で、ここでは主にカッツェが仕切ってましたね。(あ、ジゴキラーはいたか)
でも鉄獣が違うのは彼が最初で最後かもしれません。


で、5話の幽霊艦隊を仕切る彼。この彼の衣装もなかなかです。
いつも思うんですが、この衣装って本人がデザインしたりするんでしょうかね。だとしたら結構いい加減な奴もいるけど・・←コラ

で、航海する船を脅して沈めたりとかなり乱暴ですが、やってきたGPにこれでもか、と言うくらいにミサイルを撃ち込まれて、ついには自爆(と見せかける)・・そして無数の円盤を登場させる。この作戦はさすがの忍者隊もびっくり、でした。いい作戦だったのに、これまたやってきた赤いハエ(あ、これはカッツェが言っているんですよ〜)どもにあっけなくやっつけられてしまう。

そしてGPは帰っていきますが、この隊長さんは亡くなった形跡なく次回へ。


taicho04.jpg

taicho05.jpg


6話では、世界銀行から金塊を根こそぎ奪っていく計画。
そして基地として潜んでいた島?のような場所に侵入してきた健、ジュン、甚平を捕らえ、GPを探してミサイルを飛ばします。中では竜がぐっすりお休みタイム。お約束です。でもジョーに怒られ、その場を離れます。

隊長は、健たちをガス室に送り込み、ミクロスという小さなロボットたちを動かします。
これがまた目が大きくて可愛いといえば可愛いんですが、ちょっと怖い。目から光線を出します。

結局金塊はジョーが取り返し、代わりに偽の金塊をつかまされます。
そしてこの不始末を取らせるため、カッツェはミクロスに自爆を命じ、命乞いをする隊長たちを巻き込んで基地は大爆発。

「任務は終わった、帰ろう」
という健の言い方が怖い。
なんとも冷酷な忍者隊です。

別窓 | ガッチャマン・ギャラクター隊長たち | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2<2>名前を言う
2018-02-06 Tue 19:25
italiano_2018_2_1.gif



Ciao ! Come stai ?

今日は、自己紹介の中でも基本中の基本、自分の名前を言うというテーマだよ。
やはり最初に会ったなら、名前は言わないとね。


例:

私はイノウエ・ナオコです。

( Io )Mi chiamo Naoko Inoue.( イオ ミ キアーモ ナオコ イノウエ )


私はナオコよ。

( Io )Sono Naoko.( イオ ソノ ナオコ )


上の例文の1番目は、一般的な表現で、

Mi chiamo は、「私は〜と言います」で、

この後には「名前+姓」の順、または名前だけ、と続くんだよ。


僕の名前で言うと、


( Io )Mi chiamo George Asakura.「私はジョージ浅倉と言います」


( Io )Mi chiamo George.「私はジョージです」


この前に、

Piacere !( ピアチェーレ )「初めまして!」

と言うといいよ。


2番目の表現は、友達とか親しい間柄の人たちに言う言い方だよ。


Sono 〜 「私は〜よ」


( Io )Sono George.「僕はジョージだよ」

イタリア語では、主語に応じて動詞が変化するので、動詞を見れば主語が明らかのため、例文の通り省略することができるんだ(カッコ付けにしたのはこのため)
*ちなみに io は、「私」という一人称。


ここで文法のおさらいだよ。

「〜だ・〜です」を表すessere動詞の変化を見てね。


主語、essere動詞(〜である)の順


単数 io sono 「私は〜である」 複数  noi siamo「私たちは〜である」

tu sei 「君は〜である」    voi siete「あなたたちは〜である」

lui/lei/Lei è「彼/彼女/あなたは〜である」 loro sono「彼(女)らは〜である」


名前を言う言い方は、他にもあるから紹介するね。


「私の名前は〜です」


Il mio nome è George Asakura.( イル ミオ ノーメ エ ジョージ アサクラ )

*il mio nome は、「私の名前」


Il mio nome è George.「僕の名前はジョージです」


イタリアでは、自分の名前を言う時には名前か氏名を言って自己紹介するんだよ。
日本では、姓のみで挨拶する場合が多いけど、イタリアでのそれはビジネス等限られた場合で、通常の自己紹介ではヨソヨソしい態度に見られるので、注意が必要だよ。


それじゃあまたね。


Ci vediamo !

別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今日のお題「島/基地/撃」
2018-02-05 Mon 18:02


島に行ってみたいと思ってた

辛いこともあったが、楽しかったこともあった

子供の頃は大いに遊んで、いつも走り回っていた


それが

今や奴らの基地があり、全島を牛耳っている

ついでに奴らを襲撃して叩いてやるか


子供の頃の思い出を取り戻してやる




キサラさんの今日のお題は『島/基地/撃』です。
http://shindanmaker.com/313623



別窓 | ガッチャったー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | El Condor Pasa | NEXT